Nabe Photo Serviceでは、お客様に高品質なお写真を提供させていただくため、撮影は原則RAWデータで撮影した画像を保存し、RAWデータを撮影したカメラマンが自分の目で見た撮影時の記憶から明度・色調を自然で違和感ない状態に補正した後、肌のきめを細かくするスムージング処理と透明感を増す明瞭度の調整を行う美肌加工(明度の調整で美白加工も可能)を施しております。

​こちらでは、その技術と効果をご理解・実感していただくコンテンツをご紹介しております。

元のページに戻る

RAWデータについて

RAWデータとは

RAWとは、「生」「未加工」の意味で、デジタルカメラで撮影された画像の記録形式の1つであり、カメラ内部での現像処理が行われていない非圧縮または低い圧縮率の画像データのことを指します。

デジタルカメラで撮影すると、レンズから入った光を、「CCD(Charge Coupled Device)」や「CMOS(Complementary MOS)」と呼ばれるイメージセンサーによって得た光の情報をデジタルデータに変換し保存します。

この変換されたデジタルデータがRAWデータです。

通常、RAWデータはデジタルカメラ内でJPEGという記録形式に変換して保存されますが、高性能デジタルカメラは、JPEG形式に変更する前のRAWデータを保存できます。

RAWデータは光の強さの情報なので、そのままでは映像として見ることはできません。

映像としてみるにはパソコンに取り込み、RAW現象ソフトを使用して映像化し、画像ファイルに変換する必要があります。

パソコンで画像ファイルに変換する手間がありますが、デジタルカメラ内よりパソコンを使用して映像に変換する方が、高品質な写真を生成することが可能となります。

美肌・美白加工&スポット修正

1G3A7231.jpg

画像加工というと、「騙し」というネガティブな印象をお持ちになる方もいらっしゃるかもしれません。

過度な画像加工は、確かに騙しと言われても反論できませんが、Nabe Photo Serviceの画像加工は、人間の骨格を変えてしまったり、痩身など容姿を変えるというような騙しととられる画像加工は承っておりません。

Nabe Photo Serviceがご提供させていただいている画像加工は、肌の血色を良く見せきめ細やかな肌を表現するスムージングをメインとした美肌加工と、日頃からお肌のケアに気を使われているけど撮影当日に発生してしまった毛穴のポツポツや赤みを帯びた発疹などの軽度の突発的な肌トラブルや、男性の髭剃り跡、かみそり負けなどを自然に補正する程度のスポット補正でカバーさせていただく程度の軽い加工で、クライアント様をサポートをさせていただいております。

​「日頃の努力を些細なことで無駄にすること無くチャンスを逃さない」をコンセプトとした騙しじゃない画像加工をご提供しております。

美肌・美白加工&スポット修正の実例

モデルさんに協力していただき美肌加工・スポット修正の効果をご覧いただける実例写真をご覧いただきます。

Before→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→→After

1G3A7231.jpg
1G3A7231-2.jpg

元画像(加工無し)

明度・色調補正

1G3A7231-3.jpg

美肌・美白加工

1G3A7231-4.jpg

美肌・美白加工+スポット修正

気になる目尻の小ジワやほうれい線もカバーします!

R6A_1868.jpg
R6A_1868-2.jpg
R6A_1868-3.jpg